メトロガイド>料理レシピ
お魚のすり身とお豆腐入り厚焼き卵
お豆腐を使用することにより、ボリューミーな厚焼き卵をふんわりと仕上げます。甘い仕上がりなので、お子様も箸が進むこと間違いなし!? 
材料(4人前)
5個
卵黄
3個
すり身(今回はタラ使用)
100g
豆腐
1丁
砂糖
120g
10g
片栗粉
8g
50cc
上塗り用卵黄※1
卵黄
適量
砂糖
一つまみ
牛乳
少量

作り方
(1) 豆腐はしっかりと水を切っておく。
 
(2) 卵を割り、卵黄と合わせておく。
 
(3) フードプロセッサーにすり身と豆腐を入れて良くまわす。
 
(4) 砂糖・塩、酒で溶いた片栗粉を入れ、さらにまわす。
(5) (4)が綺麗なピュレ状になったら(2)の卵を加え、さらに良くまわし、滑らかにする。
(6) キッチンシートを敷いた型に流す。
(7) アルミホイルをかぶせ、湯せんをしながら160度のオーブンで約40分ゆっくり焼く。
(8) 冷ましてからカットして、お皿に盛りつける。
 
※1

天火オーブン、グリル、バーナーなどがある場合は上部に薄く上塗り用卵黄を塗り、焼き色を付けると写真のように仕上がります。


お魚のすり身が無い場合には”はんぺん”などを使うと良いでしょう。最初にフードプロセッサーで綺麗なピュレを作らないと出来あがりも滑らかにならないので注意してください。甘めに仕上がりますのでお好みで砂糖を控えても良いでしょう。冷めても十分美味しく召し上がれます。
野上秀利 プロフィール
1964年生まれ。2005年より東京ドームホテル43F「アーティスト カフェ」シェフ、10年より3F「リラッサ」和洋食シェフに就任。04年10月、第1回ワイルドブルーベリー・レシピコンテスト デザート部門入賞。シェフが就任して以来、野菜は自然栽培のものを使用するなど、素材には絶対のこだわりを持つ。
リラッサ

ページのトップへ



メトロガイド