メトロガイド>料理レシピ
山芋のふわふわ焼き
火を通せば違った食感に!山芋に生ハムの塩加減とモッツアレラチーズのクリーミーさがマッチした一品。ソースは醤油とごま油の和風ベースですが、赤ワインビネガーで爽やかに仕上げています。
材料(4人前)
山芋
1/2本
生ハム
2枚
モッツアレラチーズ
40g
全卵
2個
薄力粉
40g
サラダ油
70cc
塩、胡椒
少々
【ソース】
砂糖
15g
赤ワインビネガー
12cc
醤油
15cc
ごま油
5cc
たかのつめ(小口切り)
1本

作り方
(1) 山芋をスライスして皮を剥き、濃いめの塩水に浸ける。
(2) モッツァレラチーズを生ハムで包む。
(3) (1)の水分を良く取り、軽めに塩、胡椒をして、(2)を挟む。
【衣を作る】
(4) 卵を卵黄と卵白に分ける。
 
(5) 卵白に少量の塩を加え泡立てる。
(6) 卵黄と薄力粉を合わせ、掻き立てた卵白と合わせる。
(7) (3)に(6)の衣を付けて多めの油で焼き目を付け、その後オーブン180℃で約12分焼く。
【ソースを作る】
(8) 材料を全部混ぜ合わせる。

衣を付ける前に(3)に一度薄力粉を付けても良いでしょう。
今回は野菜ではさみ焼きにしましたが、野菜を細かく刻んでベーコン等と良く炒め、チーズではさんで、チーズステーキの様に提供しても良いでしょう。
野上秀利 プロフィール
1964年生まれ。2005年より東京ドームホテル43F「アーティスト カフェ」シェフ、10年より3F「リラッサ」和洋食シェフに就任。04年10月、第1回ワイルドブルーベリー・レシピコンテスト デザート部門入賞。シェフが就任して以来、野菜は自然栽培のものを使用するなど、素材には絶対のこだわりを持つ。
リラッサ

ページのトップへ



メトロガイド