メトロガイド>料理レシピ
アボカドの冷製スープ
「世界一栄養価が高い果物」としてギネスに認定されている「アボカド」。オレイン酸、ビタミン、ミネラルなどが豊富で美容にも健康にも良いのだとか。そんなアボカドをおしゃれに、かつ簡単に楽しめる、冷製スープを紹介します。
材料(4人前)
アボカド
1個
サラダ油
15cc
たまねぎ
40g
牛乳
250cc
100cc
スープの素
2g
チャービル(フレンチパセリ)
適量
オリーブオイル
適量
塩、胡椒
適量

作り方
(1) 鍋にサラダ油をひき、スライスしたたまねぎを色がつかないように炒める。
(2) (1)に牛乳、水、スープの素を鍋に加えひと煮立ちさせる。
(3) 皮を剥いたアボカドと(2)の鍋の中身をミキサーに入れる。
(4) バールに氷をあてて、(3)をすばやく冷ます。
(5) 塩、胡椒で味を調える。
 
(6) 冷蔵庫で十分冷やしグラスに盛る。
(7) オリーブオイルをまわしかけ、チャービルを飾る。

流す前の器やグラスも冷やしておくと良いでしょう。
固さを見て牛乳や、生クリームを増やして下さい。
海老や帆立貝、鶏肉を入れても良いでしょう。
野上秀利 プロフィール
1964年生まれ。2005年より東京ドームホテル43F「アーティスト カフェ」シェフ、10年より3F「リラッサ」和洋食シェフに就任。04年10月、第1回ワイルドブルーベリー・レシピコンテスト デザート部門入賞。シェフが就任して以来、野菜は自然栽培のものを使用するなど、素材には絶対のこだわりを持つ。
リラッサ

ページのトップへ



メトロガイド