メトロガイド
メトロガイド>サヘル・ローズのコトダマ日詩 vol.38


サヘル・ローズのコトダマ日詩

今月は変化を楽しむ月。


30歳までに叶えたかった夢を
31歳にはなりましたが、ちゃんと叶えました。


実はロケで伊勢大橋やレインボーブリッジやスカイツリーのてっぺんなど、日本のあ らゆる高い場所へ上ったりしてきましたが、 実はわたし... 高所恐怖症なんです。


しかし、このお仕事を通して
『怖いから出来ません。』
という事を性格上、言いたくなくて、頑張っていました。


そして、ある目標を決めたんです。


一回、すっごく高い場所から飛び降りる。
そう!スカイダイビングかバンジージャンプ。


日本でスカイダイビングはできそうになく、
バンジージャンプを30歳になるまでに飛ぶ。


しかし、書きましたように、、、
プライベートでは挑戦する勇気はありません。
お仕事でなら、仕事モードになれるから飛べる!


そう決意をしてから、
色々な現場で「バンジージャンプがしたい」と言い続けました。


ここで、大事なもう一つのポイント。


やりたい事は口に出す。
伝える事、言葉を発する事で、誰かの耳にはちゃんと自分の思いが宿った言葉が着地 します。


そして、この私の言葉も番組のプロデューサーの耳に着地したのです。


本当は30歳の時に飛べる機会は訪れていたのですが、天気が悪く中止になってから1 年ぶりの復活でした。


やっとの夢といいますか、
目標が叶う喜びと不安が入り乱れたロケ前夜。
まったく眠れなかったです。
怖くて、心の中で、雨ふれーーーーー
とずるい私が祈っていたのはここだけの話です。


朝、素晴らしい青空。
さっ!!飛んでくれーーー!!!
と、空の声が聞こえてくるような晴天下。


遂に、ロケ地に到着です。
場所は奥久慈です。
ここにあるバンジージャンプは日本一の高さを誇るバンジージャンプ。
最大100メートルとなる竜神大吊橋でのバンジージャンプ。


体重測定や保険加入など手続きをすませて、
いざ橋の中央にあります、バンジー台へ。


景色は素晴らしい山々に囲まれており、下には川が流れております。
素晴らしい絶景の中、
ビルの高さで例えますと約33階から飛び降ります。


同じグループには5人の若い男の子たち。
会社の研修を終えた記念に、仲間で思い出作りをしに来ていました。


スーツ姿でいらしていた方は
プロポーズの言葉を叫びながら飛んでいました。


みんな、目標といいますか、
飛ぶ為の大きな意味をそれぞれに持っていました。


飛び降りる場所も編み編みで、下が丸見えなので、足が震え、涙が出ました。
一人目の青年が飛んだ時から、
もうテレビカメラがある事さえも忘れて無言になっていました。
マネージャーが心配するほどです。


そして私の出番になり装置をつけられてバンジー台へ。
目の前は空と山。


風が優しく顔を撫で
周りのお客様は『がんばれーーー!!下を見ない。前を見て。いけーーー』
と励まして下さいました。
正直、心臓がどうなっていたのかは覚えていません。




覚えているのはカウントダウンの声と
私自身が自分へのカツのために
『おおおおおーーーー飛ぶぞーいくぞーー』と大声をだしていた。


5・4・3・2・1・・・・・・・・


『がんばれーーー!!!』
というマネージャーの声と共に


ジャンプ!!!!!!!!!


鳥のように大好きな空を飛んでいました。
奥久慈の大自然の中で素晴らしい一瞬。


怖くなかった。
飛ぶ瞬間はこわい。
けれど、素晴らしかったの、飛んでみたら。
ナウシカの気持ちみたいに、風の一部になれた。


体にやきついた思い出の空と風。
上がってきたときに
みんなが笑顔で『よく飛んだ!!かっこよかった!!』と言ってくれた。


爽やかな気分とは、こういう事か!!
っと思えました。


31歳で叶えられた、一つの夢。
これは私ひとりでは無理でした。
私を信じてくれた仲間たち、
私の夢を叶えるために動いてくれた方々に心から感謝致します。


強くなれた気がします。
小さな挑戦が次の糧になります。
いろんな事を経験して体験して冒険する。


人生の中で、今持っている私の色鉛筆は何色なんだろうね。
それを増やしていきたいな。


怖いことも苦手なものも克服できていけた、次に見える景色は鮮やかで新鮮なものに なりそうです。


いや、景色は鮮やかでした。
とっても。


さっ、次は何に挑もうかな?




サヘル・ローズ ─Profile─
1985年、ペルシャ(イラン)生まれ。8歳の時に養母と共に来日。
育ててくれた母に恩返しをする為、将来オスカー像をとれる役者になるのが夢。
現在、「探検バクモン」(NHK総合) 進行役、「ノンストップ!」(フジテレビ)いいものプレミアムのコーナーなどに出演中。

最新情報はコチラ → http://excelling.co.jp/
サヘル Twitter → https://twitter.com/21Sahel

世界遺産を訪ねる旅 —ポーランド—


ページのトップへ