メトロガイド
メトロガイド>サヘル・ローズのコトダマ日詩 vol.51


サヘル・ローズのコトダマ日詩

いろんな日々がちゃんとあります。
いろんな事もちゃんとあります。


いろいろ味えてはいます。
景色も
空気も
味覚も
感情も
本当にいろいろとね。



20代の頃は勢いや若さゆえのチャレンジとチャンスは多くてね。
様々な角度からボールが流れてきては、
瞬発力でキャッチした。


正直、見逃し三振も多かったし、
自分の練習不足でボールがグローブに、
うまくはまらずに転げ落ちたり。


よく帰り道に泣いたよ。
うまくいかない、何をしても上手くやれない。
ある時から気がついた。
準備不足、練習不足は私自身がおこした結果。


『やったことないこと、わたしのキャラではない』と最初から逃げるより、
とにかく全力でやりきる。
ネガティブに逃げるんじゃなくて
120の力でまずはやりきる事を目標にしてみた。


失敗という基準は私が決めるんじゃない。
まずは『やれる』と自分を信じてあげること。


空回りをしたり
渋い表情や、名前を呼ばれない事だってある。


けれど、準備をして全力で挑んだ分だけ、
その努力こそが自分を成長させる糧となる。


30歳を過ぎてから感じてるのは、
ご縁が続くという意味。
それにね、準備をして挑んだ現場や仲間たちから
いただく愛情や友情が多い。


そして、関係も生まれていく
サヘルなら、といってくださる事が本当に有難いお言葉です。



どのお仕事も最後は人間関係と努力の根源。


生まれつき天才もいます。
努力でなれる方もいます。


天才と秀才。


すべては本人の努力だと、
わたしは先輩方や仲間から教わりました。


努力と諦めない精神を鍛えていきたいな。
最終的に目標とは描いていた未来とは違ったとしても
いままで引いてきたレールは私の財産であり誇りです。


何もない道だったから、わたしのスタートは。
いや、道すらなかったからね。


だから、いえるの 諦めないで 突き進んで、と。



サヘル・ローズ ─Profile─
1985年、ペルシャ(イラン)生まれ。8歳の時に養母と共に来日。
育ててくれた母に恩返しをする為、将来オスカー像をとれる役者になるのが夢。
現在、「探検バクモン」(NHK総合) 進行役、「ノンストップ!」(フジテレビ)いいものプレミアムのコーナーなどに出演中。

最新情報はコチラ → http://excelling.co.jp/
サヘル Twitter → https://twitter.com/21Sahel

世界遺産を訪ねる旅 —ポーランド—
     


ページのトップへ