メトロガイド
メトロガイド>サヘル・ローズのコトダマ日詩 vol.18


サヘル・ローズのコトダマ日詩

こんにちは。みんな。
ずっとこうしてコラムを読んでくださる。
そこの アナタヘ。


どんな毎日を過ごしていますか?
わたしは、30歳を歩きはじめました。
不思議なのは、
むかしは歳の重ね方を勘違いしていました。
「老いる」と、マイナスな発想が個人的にはありました。
時間が減っていく、間に合わないとか。


でもそうではなくて
歳を重ねるからうまれる 日々がある。
歳を重ねていくぶんだけ 人脈がある。

そう、よかった。
歳を重ねてきたこの道。
たくさんの経験もして
失敗という成功もして
わたしはワクワクしていた。

そう感じられるのも日本で育ったからかな。
違う、育てられたからかな日本の皆さんに。





いま、世界中であらゆることが同時におきている。
みんな争いたいわけではないはず。
そう、信じたいのかもしれないわたしは。

信じないと 誰かが 信じ続けないと。

いまコラムを書いているのは イラン国籍の私。
このコラムを読んでいる皆さん、ひとりひとりと
繋がれたらすごくいいのに。


私がこのコラムを書こうっとおもったのは、
イランの事を知ってもらいたい
イランに『いってみたい』っと。

『なんだ、彼等も私達と同じ。
宗教とかじゃない、普通のひと』

そんな風に、
みじかな存在であれたらいいな。
このコラムも皆さんにとって
イランと日本の広場みたいな。
庭園でれば個人的には嬉しい限りです。

そこで今日はイランの有名な庭園をご紹介します。
もちろん日本の庭園も世界的には有名です。
美しく宇宙のような 静けさの中に わびさび を感じさせてくれる。

イランの庭園もまた、ちがった神秘的な美しさや物語があります。

イランでは、広大な地理と気候の多様性により、
歴史を通して様々な形の庭園が造られてきました。
イランの最も美しい庭園の一つ、
「エラム庭園」について今回は少し書かせて下さいね。

エラム庭園は、イランの他の8つの庭園と共に世界遺産に登録されました。

イランのシーラーズには、数多くの庭園があり、その自然の特徴により、
これらの庭園は常に、春のように緑が多い場所として知られている「エラム」は、
文学と詩の町、シーラーズの最も代表的な美しい庭園でイランで最も美しく、最も古い歴史を持っています。

昔から庭園の中では詩人の詩集を読んだり、
散歩をしたりして気持ちを潤していたのです。



皆さんはどうですか?
最近、散歩したり、自然に触れていますか?
急いでいる毎日だからこそ、たまにはヒトイキ。

立ち止まるのも悪くない。
腰をかけたりすると、
周りがよりよくみえたりもします。

アナタの庭園。
見つかりましたか?



サヘル・ローズ ─Profile─
1985年、ペルシャ(イラン)生まれ。8歳の時に養母と共に来日。
育ててくれた母に恩返しをする為、将来オスカー像をとれる役者になるのが夢。
現在、「探検バクモン」(NHK総合) 進行役、「ノンストップ!」(フジテレビ)いいものプレミアムのコーナーなどに出演中。

最新情報はコチラ → http://excelling.co.jp/
サヘル Twitter → https://twitter.com/21Sahel

世界遺産を訪ねる旅 —ポーランド—


ページのトップへ