メトロガイド
メトロガイド>サヘル・ローズのコトダマ日詩 vol.26


サヘル・ローズのコトダマ日詩

カタツムリ アジサイ ジメジメ

7月ほど、カタカナが似合う月はない気がします。


6月 あっという間でした。
私には 試練の一ヶ月。


あっ、悪い意味は全く含まれてないです。
ネガティブではなくて ポジティブな試練。


そう、学びの宝庫が沢山詰まった試練の月。
半年分の学びを 30日間で一気に吸収して
私の吸収スポンジは限界まで達しました。


何度も、限界かもしれない...
そんな弱音が顔を覗かせては、
自分で限界を決めちゃったら終わってしまうと言い聞かせてみたり...。


行き止まりにするか
突破口を探すか。
結局、すべて自分次第なのだと。


他人に任せてしまう人生じゃない
自分の人生。そう、これは私の人生。


渋谷のパルコ劇場で1ヶ月間
『メルシー!おもてなし』 という舞台に出演させて頂いておりました。
中井貴一さん、勝村政信さん、YOUさん 音尾琢真さんなど
本当に大先輩の方々に囲まれて、
稽古から2ヶ月間ご一緒させて頂きました。



今までのお仕事で、最も濃厚な日々でした。
皆様は本当に優しくて。愛しくて。寛大です。


たくさん笑って、たくさん泣いた。


長く、このお仕事をされてこられた方々…
技術や才能はもちろんですが、
周りの方々への思いやりや、感謝の気持ちを持ち続けていました。
現場に愛されている方々です。
お一人お一人。


どんなお仕事もそうですが、
能力や技術より、一番大事なのは人柄。
「人間性」だと、私は思います。


そう、心と心の繋がりだと。
昔から私は、ネガティブな考えを自分自身にしてしまう。





わたしは なにも出来ない…
わたしは 不器用…
わたしは わたしは わたしは…


と、自信がない。
うん、そう。自分に自信が全くない。

けど、今回、大先輩の皆様と過ごしていく中で
どんな人も悩んで、苦しんで、自信がなくて、緊張もして、『つよくない』


でも。

『感謝して、与えられたことに誠心誠意を持って挑む』

そして、愛をもって。愛ある言葉や、愛ある行動をする。
前をみて。人をみて。未来をみて。そして、
自分自身を見て。愛して。ちゃんと生き抜く。


鮮度のある今を。


感謝の6月。そして 7月。
もちろん 感謝の月です。


わたしには、感謝以外、思い浮かばないです。
365日が感謝で出来ている。



☆ここで サヘルの旬なイランニュースを。

ゴルモハンマディ(ダマスクローズ)の花摘み
イラン北東部マシュハドの小さな村で、ゴルモハンマディの花摘みが始まりました。
この地域の人々、観光客、自然を愛する人々は、バラの花を摘んで集め、バラ水作りやこの地域の観光の魅力の紹介に貢献しているのです。
ちなみに ダマスクローズはブルガリア・イラン・モロッコなどで栽培されているローズオイルやローズウォーターの原料となる香りの強い種類のバラです。
イラン南部コフギールーエ・ブーエルアフマド州ではこの季節、ヨウラクユリ美しく咲きます。ヨウラクユリは、涙の花、マルヤムの涙、ゲイサルの冠という名でも知られています。




サヘル・ローズ ─Profile─
1985年、ペルシャ(イラン)生まれ。8歳の時に養母と共に来日。
育ててくれた母に恩返しをする為、将来オスカー像をとれる役者になるのが夢。
現在、「探検バクモン」(NHK総合) 進行役、「ノンストップ!」(フジテレビ)いいものプレミアムのコーナーなどに出演中。

最新情報はコチラ → http://excelling.co.jp/
サヘル Twitter → https://twitter.com/21Sahel

世界遺産を訪ねる旅 —ポーランド—


ページのトップへ